二の腕痩せを食事からアプローチする方法

ご訪問ありがとうございます。

主に新宿、中目黒、恵比寿でパーソナルトレーナーとして活動している河村(@r_k_pt)です。

今日は上半身(二の腕など)に脂肪が付きやすい理由を、運動ではなく食事の観点から話していこうと思います。

上半身に脂肪が付きやすい栄養素とは何か

それは脂質です!

脂質が上半身を太らせやすいのは、「脂質が代謝されるまでの過程」にあります。

脂質は1gあたり9キロカロリーと高いエネルギーを持っています。

高いエネルギーを持っているので、常に働いている筋肉に優先的に使われようとします。

脂質は体の中に吸収されると、常に動いていなければならない心臓に優先的に送られます。

心臓で全部使うわけではないので、余ったものは心臓の周りの筋肉や脂肪に取り込まれていきます。

なので、アブラを摂りすぎた場合は上半身を中心に脂肪が付いてしまうのです!

ちなみに、他のたんぱく質や糖質は肝臓から全身に送られるので、食べ過ぎた場合は全身まんべんなく脂肪が付きます。

是非参考までに!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

どんな些細な質問でもお気軽にご質問ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

河村良介

「ただ体重を落とすだけのダイエット」ではなく、「身体の根本から整えて一生モノの身体を手に入れるボディメイク」を目指します! 運動、食事、休養などライフスタイルまであなたの「身体作り・健康作り」をサポートさせていただきます!