腸内環境を整える食物繊維を詳しく解説

ご訪問ありがとうございます。

主に新宿、中目黒、恵比寿でパーソナルトレーナーとして活動している河村(@r_k_pt)です。

食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があります。

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のバランスは3:1が理想比率とされています。

食物繊維を多く摂ることで、ダイエット効果だけでなく、ガンや冠状動脈心疾患の疾病リスクを低減すると言われています。

水溶性食物繊維

①水分を含む軟らかい便を作る

②腸内環境の餌にもなり腸内環境が整う

③脂質を吸着して吸収させないようにできる働きが強い

こんにゃく、海藻類の食物繊維がこの性質を持ちます。

不溶性食物繊維

①膨らんで大きな便を作る

②腸を刺激して胃腸の運動を活発にする(便秘中は便のカサが増してしまうので便秘を悪化させる)

③満腹感を促す

野菜、キノコの食物繊維がこの性質を持ちます。

まとめ

異なる働きをしますが、どちらも腸には良く、体脂肪増加や血糖値の上昇を抑制してくれます。

食物繊維の量が圧倒的に少ない方が多いので、必ず毎食意識して摂るようにして下さいね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

どんな些細な質問でもお気軽にご質問ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

河村良介

「ただ体重を落とすだけのダイエット」ではなく、「身体の根本から整えて一生モノの身体を手に入れるボディメイク」を目指します! 運動、食事、休養などライフスタイルまであなたの「身体作り・健康作り」をサポートさせていただきます!