起床直後の腹筋がNGの理由とは

ご訪問ありがとうございます。

主に新宿、中目黒、恵比寿でパーソナルトレーナーとして活動している河村(@r_k_pt)です。

皆さんは、朝に運動をしますか?

朝に運動することは、ホルモン分泌の関係やダイエットにおいてメリットがあります。

しかし、やり方を間違えてしまうと逆効果になる可能性があります。

特に朝の激しい運動は腰痛の原因になります。

今日は朝の運動について解説していきます。

 

◎朝の激しい運動は腰痛の原因に

起床直後は、椎間板に水分が溜まり、内圧は就寝前に比べて250%も高まっています。

そのような不安定下での腹筋運動は内圧を300%にまで高めると言われています。

なので、朝一の腹筋運動はやらない方が良いです!

また、腰が不安定な状態なので激しい筋トレ(重りを担いだスクワットなど)も控えた方が良さそうです。

腰痛を誘発する可能性があります。

起床後に腹式呼吸を行い、お腹を安定させる運動などはオススメです!

運動する場合は、起床から90分後には約80%の水分が抜けるので、起床後十分に時間を空けてから運動しましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

また次回までお楽しみに♪

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

どんな些細な質問でもお気軽にご質問ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

河村良介

「ただ体重を落とすだけのダイエット」ではなく、「身体の根本から整えて一生モノの身体を手に入れるボディメイク」を目指します! 運動、食事、休養などライフスタイルまであなたの「身体作り・健康作り」をサポートさせていただきます!