老けやシミ・シワの原因となるAGEについて

ご訪問ありがとうございます。

主に新宿、中目黒、恵比寿でパーソナルトレーナーとして活動している河村(@r_k_pt)です。

今日は老化やシミ・シワを作る原因となるAGEについて解説していきます。

AGEと糖化の関係

AGEは糖化反応と深く関わりを持っています。

糖化反応とは、糖がたんぱく質または脂質と結合し、変異する反応のことを言います。

そこで出来た物質をAGEと言います。

AGEはたんぱく質や脂質としての本来の役割を果たさずに、様々な病気(がん、高血圧、動脈硬化など)の原因となります。

糖化による害

■血管

血管の壁に蓄積される事で動脈硬化の原因になります。

 

■髪

毛根のたんぱく質を変性させ、髪の強さを失わさせます。

 

■肌

コラーゲンを変性させます。

肌の弾力が低下し、シワやたるみ、くすみにつながります。

 

■骨 

骨質が劣化し、骨粗しょう症の原因になります。

 

■目

水晶体内のたんぱく質が変質し、網膜症や白内障につながります。

 

■脳

脳内のたんぱく質が変性し、アルツハイマーにつながります。

 

糖化反応を起こす食事を続ければ、最終的には糖尿病へと発展してしまいます。

人はAGEを代謝する酵素を持っていないため糖化されてしまった細胞は、通常の細胞の2倍長生きしてしまい、長時間に渡って身体に害を及ぼします。

糖化反応の原因

■生体内で発生

高血糖の状態が長く続くと、細胞や組織を構成しているたんぱく質と糖が結びつき、AGEが生成されます。

 

■生体外で発生

たんぱく質と糖が加熱させて出来た食品にAGEは含まれます。焼き目のついた食品、茶色い食品にはAGEが多く含まれます。

特に揚げたり焼いたり炒めたりした脂肪食品にはAGEが多く含まれます(約93%は消化の段階で分解されますが、残りの7%が体内に溜まると言われています)。

※トンカツ、唐揚げ、ドーナツ、ホットケーキ、ポテトチップス、ピザ、ステーキなど

痩せるという意味でも、あまり食べない方が良い食品ばかりですね。

なので、上記の食品の食べ過ぎには注意しましょう!

 

次回はAGEを発生させないための方法、抗糖化するためにやるべき事について解説していきます!

最後までお読みいただきありがとうございました。

どんな些細な質問でもお気軽にご質問ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

河村良介

「ただ体重を落とすだけのダイエット」ではなく、「身体の根本から整えて一生モノの身体を手に入れるボディメイク」を目指します! 運動、食事、休養などライフスタイルまであなたの「身体作り・健康作り」をサポートさせていただきます!