牛肉より魚がお勧めの理由とは

ご訪問ありがとうございます。

主に新宿、中目黒、恵比寿でパーソナルトレーナーとして活動している河村(@r_k_pt)です。

みなさんは、たんぱく質を摂るとしたら何から摂取しますか?

肉や魚、大豆など色々あると思います。

今日は肉類を選ぶ基準について解説します。

肉類を選ぶ時に大事なのは体温です!

肉類を選ぶ基準について

肉類を選ぶ基準として、ヒトと対照動物との体温の温度差が重要です。

動物の体温は種類によって異なり、脂質の融点も異なります。

ヒトより体温の高い動物のお肉を食べると、血液がドロドロになりやすいです。

赤身肉などの動物性たんぱく質のとりすぎは、多くの慢性疾患の発症の原因となります。

主な動物の標準体温↓

魚12〜18℃

ニワトリ31.5℃

ブタ38.0℃

ヤギ38.0℃

ヒツジ38.0℃

ウシ39.5℃

オススメのたんぱく質

たんぱく質を摂るのであれば、現代人が足りていない脂質のオメガ3も多く含まれている魚がお勧めです。

魚には肉類の数十倍のビタミンA・D・Eが含まれています。

ぜひ魚を食べる頻度を多くしてみて下さい!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

どんな些細な質問でもお気軽にご質問ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

河村良介

「ただ体重を落とすだけのダイエット」ではなく、「身体の根本から整えて一生モノの身体を手に入れるボディメイク」を目指します! 運動、食事、休養などライフスタイルまであなたの「身体作り・健康作り」をサポートさせていただきます!