お酒を飲んだら摂るべき栄養素

ご訪問ありがとうございます。

主に新宿、目黒、中目黒、恵比寿でパーソナルトレーナーとして活動している河村(@r_k_pt)です。

今日はアルコールを摂取したときに摂るべき栄養素について解説していきます。

アルコールは、肝臓で処理されます。

その際に、アルコール→アセトアルデヒド(毒性が強い)という第1段階と、アセトアルデヒド→酢酸という第2段階の大きく2つに分けられます。

第1段階で必要な栄養素

第1段階で最も重要な栄養素は亜鉛です。

亜鉛は、アルコールを処理するための酵素の材料として必須です。

亜鉛を多く含む食品としては、牡蠣がおススメです。

第2段階で必要な栄養素

第2段階の処理で柱になるのは、ナイアシンです。

ナイアシンが不足すると、毒性が強いアセトアルデヒドが長時間体内に滞在してしまいます。

これが二日酔いの原因となります。

ナイアシンは舞茸、カツオなどに多く含まれています。

また、第2段階で作られる酢酸は、細胞内でエネルギー源として利用されますが、その際にはマグネシウムやビタミンB群が不可欠です。

 

後までお読みいただきありがとうございました。

どんな些細な質問でもお気軽にご質問ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

河村良介

「ただ体重を落とすだけのダイエット」ではなく、「身体の根本から整えて一生モノの身体を手に入れるボディメイク」を目指します! 運動、食事、休養などライフスタイルまであなたの「身体作り・健康作り」をサポートさせていただきます!