寝る直前に食べるとなぜ太るのか?

ご訪問ありがとうございます。

主に新宿、中目黒、恵比寿でパーソナルトレーナーとして活動している河村(@r_k_pt)です。

今日は寝る直前に食べると太る理由について解説していきます。

食べた物は主に腸で吸収され、血液中を循環し、内臓や筋肉に取り込まれていきます。

胃や腸、血液中に栄養成分が残っている状態で眠ると、筋肉への取り込み量が減っているため(寝ているだけなので筋肉をあまり使わない)、余った栄養成分が脂肪として蓄えられてしまいます。

食べ物が胃や腸から完全に消化吸収されて空になり、栄養成分が内臓や筋肉に全て取り込まれた状態で寝ると、脂肪蓄積は最小限に抑えられます。

寝る前の食事は、通常の食事では2〜3時間、脂っこい物が多い食事では4〜5時間前には終えるようにしましょう!

夕食が遅い場合は食べ過ぎや脂質の量に注意し、寝る前には食べないようにして下さいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

どんな些細な質問でもお気軽にご質問ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

河村良介

「ただ体重を落とすだけのダイエット」ではなく、「身体の根本から整えて一生モノの身体を手に入れるボディメイク」を目指します! 運動、食事、休養などライフスタイルまであなたの「身体作り・健康作り」をサポートさせていただきます!